日本国籍を取って日本代表サッカー選手になった李忠成選手




李忠成選手は在日韓国人4世として生まれましたが、2007年に日本国籍を取得して日本のサッカー代表になりました。
韓国代表候補に選ばれ韓国で行われたトレーニングキャンプに参加した時に、在日韓国人をさげすむ言葉「パンチョッパリ(半分日本人)」という言葉を聞いて、韓国での在日朝鮮人差別にショックを受けた事をきっかけに、日本代表になる事を決めたそうです。


在日の人達は3世・4世にもなってくると韓国語をしゃべれない人も多いので、実際に本国に帰ったとしても逆に日本より差別を受ける事もあるそうです。
また、もう韓国に親戚がいない人達もいます。
日本人がたまに「嫌なら朝鮮半島へ帰れ」と言ってしまいますが、そして一見確かに「日本よりは韓国に帰った方が、在日の人達って生きやすいんじゃないの?」と思ってしまったりしますが、実際は帰ってもなじめなかったりするようです。
(個人的に韓国のセンスや感覚が好きな人は、なじめるかもしれませんが・・・)
やはり「産みの親より育ての親」なのかもしれません。
李忠成 オフィシャルブログ
李忠成 wikipedia



クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日本に住む韓国・朝鮮籍の人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

在日サッカー選手達の本「祖国と母国とフットボール」



日韓友好を語る上で、在日韓国・朝鮮人の人達を避けて通る事はできません。
この本は在日3世のスポーツライター慎武宏さんが書いた本です。
内容は在日サッカー選手の鄭大世・梁勇基・李漢宰・安英学・朴康造・鄭容臺・李忠成さんなどの生い立ちや、サッカー選手になるまでや、サッカー選手としての経歴や苦悩などが書かれています。


在日3世以降の選手が多いのですが、差別は薄まってきたとは言え、国籍の問題で色々とややこしくなり、夢をストレートに追うのが難しくなる事はあるようです。
李忠成選手は、韓国でのキャンプに参加した後、結局は日本国籍を取り、日本代表になっています。


「祖国」と「母国」の間で揺れる彼ら。
でも、頑張ってほしいですね。


クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日本に住む韓国・朝鮮籍の人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------

1966年、サッカー北朝鮮代表が奇跡を起こした日

奇蹟のイレブン 1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実 [DVD]

新品価格
¥2,480から
(2017/5/23 19:45時点)





「韓国についての情報」のカテゴリでは、韓国についての面白い情報や、皆さんにも知ってほしいなと思った情報を載せています。
今回の記事は、韓国ではなく北朝鮮についての記事です。


サッカー北朝鮮代表、2005年に在日の選手達がマスコミで注目を集め、日本人も関心を持った人が多いと思います。
2006年ではワールドカップは予選で敗退しましたが、2010年には予選を突破して本大会に出場しました。
しかし実はその44年前に、サッカー北朝鮮代表は一度ワールドカップの本大会に出場しています。


1966年にイギリスで開催されたサッカーワールドカップ本大会で、それまでサッカー後進国だと思われていた北朝鮮が、サッカー界に君臨する巨人イタリアを破ってベスト8に進出しました。
そして本大会3位になったポルトガルからも3点を取るという、大快挙を成し遂げました。
この快挙は世界のサッカーファンに「ワールドカップ史上最大の衝撃」として記憶され、伝説となっています。


クリックで応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

----------------------------------------------------------------------------------------
*韓国・朝鮮・在日関係の寄付先*
・朝鮮学校へのベルマーク・使用済みインクカートリッジの寄付
・故郷の家(在日のお年寄りのための老人ホーム)
・青丘社(川崎市桜本地区の福祉法人)
----------------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日本に住む韓国・朝鮮籍の人達
・韓国の農業(特にオーガニック農業)の情報を集めるブログ
・韓国のHP集
----------------------------------------------------------------------------------------